すぐにメインコンテンツを読む

お問い合わせ・FAQよくあるお問い合わせ(外壁材)

よくあるお問い合わせ

外壁材はメンテナンスが必要?

外壁材の性能維持のためには、定期的な「点検」と適切な「メンテナンス」が必要です。「点検」&「メンテナンス」の維持管理を繰り返し行うことで、外壁材のみならず、建物自体の老朽化を遅らせることができ、資産価値の維持にもつながります。

色褪せた外壁材は再塗装が必要?

建物全体と同様に外壁材表面の塗装や、接合部のシーリングも、経年劣化は起こります。太陽光(紫外線)・雨水・凍結融解・気温の変化等の気象条件や、台風・地震等の自然現象のなかで、年数を重ねるうちに、外壁材表面に変褪色(チョーキング等)が現れます。変褪色が現れた場合、外壁材表面の塗装(再塗装)が必要になります。

外壁材の耐久性はどれくらい?

外壁材の耐用年数(耐久性)は、定期的な「点検」&適切な「メンテナンス」の実施度合いに、大きく影響を受けます。また、建物がある地域・立地場所での太陽光(紫外線)・風雨・雪・気温の変化等の気象条件の差や、台風・地震等の自然現象の有無により、「点検」&「メンテナンス」のスケジュールが変化します。外壁材は「点検」&「メンテナンス」を繰り返し行うことで、長期間に渡って安定した強さを保持しますので、外壁材シリーズ別のメンテナンススケジュールをご参考に、「点検」&「メンテナンス」を実施してください。

外壁材の厚みによる違いを知りたい。

大きく分けますと14mm厚品は釘留め専用品、15mm厚品以上は金具留め品となります(一部の無塗装品を除く)。また一般的に厚みが大きいほど柄や模様が深くなります。

耐候性グレードの違いを知りたい。

耐候性グレード☆
一般的な有機塗装品(アクリル系塗膜)で普及タイプの商品です。施工後5〜10年程度を目途に再塗装が必要になります。
耐候性グレード☆☆
有機塗装品(アクリルシリコン系塗膜)で比較的長期の耐候性を有する商品。施工後20年程度を目途に再塗装が必要になります。
耐候性グレード☆☆☆
当社独自の無機塗装“セラミックコート”を採用し、優れた長期耐候性を有する商品。施工後30年程度を目途に再塗装や張り替え等によるメンテナンス(維持管理)をお願いしております。

ご注意

  • 再塗装・張り替えの時期は、建物の地域・環境やご使用条件によって異なります。

外壁材の防火・準耐火構造認定番号、その他認定番号を知りたい。

認定番号につきましては、下記ページよりご確認をお願いいたします。

外壁材の色(マンセル値)を知りたい。

マンセル値につきましては、下記ページよりご確認をお願いいたします。

マンセル値に関するご注意

  • 外壁材のマンセル値は色差計の測定値となります。多色塗装品の場合、1枚あたり5〜6箇所測定したうちの最頻値を採用しています。
  • 外壁材の塗装に使用している塗料のマンセル値ではありません。
  • 景観に関する法令への適合性につきましては、各地方自治体等に現物サンプルをご提出等し、ご相談ください。