すぐにメインコンテンツを読む

石綿(アスベスト)に関する見解書

石綿(アスベスト)に関する見解書


5.アスベスト成形板の解体工事及び廃棄処分について

別掲“石綿含有成形板の解体等の作業(レベル3)における石綿粉塵暴露防止対策PDFページ”をご参照ください。

【参考データ】

(株)クボタは、昭和63年に横浜市で行われたカラーベストの解体・施工作業にて石綿の飛散状況の測定を行いました。測定結果は以下の通りです。なお、測定は、外部機関にお願いしました。

●調査実施日
S63.6.13〜14
●対象商品
屋根材の解体及び施工作業
●場所
横浜市
●調査結果

  単位 実測値 規制値
解体作業(6月13日) 取付作業(6月14日)
バックグラウンド 本/L 1.18 0.91  
敷地境界 本/L 2.02〜2.93 0.95〜1.93(1.35) 10
室内(2F 開窓) 本/L 2.86 2.32 10
作業場周辺 本/cc 0.0032〜0.0044(0.0037) 0.0025〜0.0090(0.0056) 2(H17/4より0.15)
個人暴露 本/cc 0.0062〜0.0318(0.0168) 0.0043〜0.0249(0.0122) 2(H17/4より0.15)
廃材の投げ積 本/cc 0.0072〜0.0220   2(H17/4より0.15)

※min〜max(算術平均値)
※単位:本(石綿繊維数)、L(リットル)
※解体作業はすべて手ばらし、乾燥状態でおこなわれた


ページの先頭へ