生産技術の見直しと実験を繰り返し
最適解を発見。

生産技術統括部 生産技術グループ

河端 晃介KOUSUKE KAWABATA

2013年入社
富山大学 機械知能システム工学科卒

新材料に対応する新しい成型方法の開発など、主に新商品、新技術開発に向けた生産技術開発を担当しています。商品を安定的に生産し続けるために、日々実験を行いながら検討を進めています。

「押出加工」の研究が活かせると考えケイミューへ。

ケイミューをはじめて知ったのは、大学の研究室での担当教授からの紹介でした。わたしの研究テーマが金属の押出加工技術だったのですが、ケイミューの窯業系外壁材も押出機による押出加工で製造されていると聞いて、研究室で学んだことが活かせられるのではないかと考えました。ケイミューが得意とする住宅外装の業界を調べてみると、屋根・外壁・雨といといった複数の外装材を取り扱っているのは日本ではケイミューだけであり、それぞれの分野で高いシェアを占めていることに、他のメーカではできないようなチャレンジが可能かもと考えて、入社を志望するようになりました。ただ、入社してから知ったのですが、金属の押出加工と窯業系外壁材の押出加工では、似ているようでいろいろ異なるものが多くて・・・はじめから勉強しなおすつもりで、毎日、研究と開発に取り組んでいます。

生産技術の開発は、試行錯誤の連続。

現在、わたしが所属する生産技術部では、新しく開発された技術やそれを用いた商品を生産するための技術開発を行っています。例えば、既に発売されている商品であっても、新しい材料を使用したり、材料の配合を変更すると、商品を形にするための成型方法を見直す必要があります。どのようにすれば成型が可能か、安定して高品質の成型をするためには何が必要か、様々な実験を繰り返しながら、検討を進めていきます。そして実験で得られた情報をもとに、成型のための金型をCADで設計し、生産ラインの設備に導入していくのです。まだ誰もやったことがない技術を開発するわけですから、毎日が試行錯誤の繰り返しで大変なこともありますが、実験で思い通りの結果が得られた時や、自分の設計した金型や設備が実際に稼動し、商品として形になった時には、努力が報われたようでとても嬉しく、仕事を進めていくうえでの原動力となっています。

責任が大きい分、
やりがいも大きい。

仕事をしていて最も気をつかうことの一つに、スケジュール管理があります。思い通りの実験結果が得られれば良いのですが、思い通りにいかないこともよくあります。どちらかと言えば思い通りにいかないほうが多いかも・・・・実験結果などに基づいて開発方法を見直し、改めて実験と検討を繰り返していくわけですが、時間が無限にあるわけではありません。予定していた開発スケジュールに合わせて仕事を進めていかないと、商品化のスケジュールにも影響してしまいます。生産設備の仕事は商品化の要であると思っており、責任が大きいですが、その分やりがいがあり、楽しく仕事をしています

「商品の向こう側にいるお客様」のために。

わたしは就職活動の際に、大学で学んだ知識が活かせる生産技術の仕事を志望して、生産技術職を必要とするメーカーを中心に企業を探していました。また、仕事とプライベートのライフワークバランスも大切にしたかったので、福利厚生が充実していることも、企業探しのポイントの一つでした。ケイミューは、休むときはしっかり休んで、集中して働く。メリハリをつけて仕事ができるので、わたしに合っていたかなと思います。ケイミューに入社して3年。研究開発部門としてあたえられた課題を解決するだけではなく、例えば生産工場で作業している方々の利便性も含めて検討するなど、自分から新しい課題に取り組んでいきたいです。そして「商品の向こう側にいるお客様」の意識を持って、家を建てる人が笑顔になるような商品を生産したいと考えています

1日のスケジュール

8:15
出社、メールチェック、スケジュール確認
8:50
朝礼、体操
9:00
実験データまとめ・報告書の作成
12:00
昼食
13:00
実験結果・試作の打合せ
15:00
実験計画書作成、CAD図面作成
18:00
スケジュール確認
18:30
退社