理想の商品企画・開発を目指して
広い視野と経験を糧に成長中。

商品企画部 商品企画グループ

前田 実可子MIKAKO MAETA

2014年入社
京都府立大学大学院 生命環境科学研究科卒

外壁材の本体、部材の商品企画をしています。新商品開発では、開発スケジュール管理とフォローを担っています。お客様訪問を通して市場の声を知り、実際に商品に反映していくことも重要な仕事のひとつです。

学生時代から縁のあったケイミュー。

大学では建築設備学を専攻し、省エネ住宅の研究をしていました。わたしが所属していた研究室では、ケイミューと共同で屋根材の工法を開発していましたので、ケイミューには親しみを感じていました。またケイミューの工法開発を通じての環境への取り組みや、新分野にチャレンジする姿勢に魅力を感じていたことが、ケイミューを志望した大きな理由のひとつになります。また、仕事では専門分野の知識にこだわらず、新しい分野にもいろいろチャレンジしたいと考えていましたので、屋根材、外壁材、雨といの外装建材をトータルに手掛けるケイミューなら幅広いフィールドで新たな学びがあるのではと考えていました。

手掛けた商品を街中で発見する喜び。

ケイミュー入社後すぐに商品企画部(入社当時:外壁材開発部 商品企画グループ)に配属となり、「外壁材本体」と「部材」と呼ばれる外壁材をより美しく魅せる、施工しやすくするための商品の企画を担当することになりました。新商品開発の方向性を決めて開発のスタートを切り、当初の狙いからのズレを調整したり、スケジュールの遅れがないように発売までフォローするのが主な業務になります。またケイミューの営業所やお客様を訪問して、現場の生の声や市場動向を調査し、実際の商品へと反映していくことも重要な業務のひとつです。仕事ですから当然いろいろ大変なこともありますが、休日に街中を歩いていて、家やお店に自分が携わった商品が使われているのを見つけると、喜びが湧きあがりますね。新商品に好評の声をいただけるのも嬉しいことですが、実際に住まいなどに使っていただけるのが、開発の一番の成果だと思います。そして、街中で身近に触れられるケイミュー商品だからこそ感じられる、やりがいですね。

商品を知り、人を知り、企画に活かす。

商品を企画するためには、誰よりも商品・お客様・市場のことをよく知る必要があるのですが、商品企画部に配属したての頃のわたしは外装材のライバルメーカーのことも、業界のことも全く知りませんでした。それどころか自社の商品を知るところからのスタートでしたので、先輩社員の働き方を見て学んだり、自社と他社のカタログや技術マニュアルを並べて独学したりして、少しでも先輩の方々に近づけるよう努めました。そうして商品知識や業界について理解することで、お客様がいま何を求めているのか、将来何が必要になってくるのかなどに対する自分の考えに、自信が持てるようになりました。また心がけていることのひとつに、社内の人脈づくりがあります。全国の営業、工場の方から外壁材や屋根材の様々な要望を気兼ねなく言っていただけるような関係を築いていくことも商品企画部の大切な仕事です。たくさんの方と関わり合いながら取り組む仕事は、日々の楽しみであり、大きなやりがいを感じますね。

仕事も、就職活動も「広い視野」が大切。

就職活動を振り返ってみると、理系・技術系の方は専門分野を活かせる業界に絞って就職活動をされる方が多い傾向にあり、数あるチャンスを自ら逃しているのではないかと思います。自分がどんなことに興味を持ち、何にやりがいを感じるかは、就職して初めて知ることも多いと思います。視野を狭めるのではなく、社会を知ることができる貴重な経験と考えて、就職活動に臨んでいただければと思います。わたしも入社してまだ3年ですが、いろいろな経験を積むことで、自分自身の興味や、やりがいについての新しい発見がありましたし、「デザイン性と環境性能を兼ね備えた商品の企画・開発し、新しい家づくりに貢献する」という目標ができました。これからも視野を広く持って、たくさんの経験を積み「前田が提案する商品なら間違いない!」と信頼されるような成長を続けるとともに、目標の実現に向けて努めていきたいと考えています。

1日のスケジュール

8:00
出社、メールチェック
9:00
体操、朝礼
9:15
資料作成
12:15
昼食
13:00
新商品の打合せ
14:00
資料作成
16:30
社内向け商品説明会の準備
19:00
退社