お客様のことを想い続けて
新しい付加価値を生み出す。

屋根材開発部 部材施工技術開発グループ

大榊 浩史HIROSHI OOSAKAKI

2009年入社
福井工業大学 建築工学科卒

屋根材の施工方法や新用途の開発、周辺部材の開発、商品化を担当しています。お客様に安心・満足していただくために、新たな付加価値を提供していけるよう日々、研究・開発に取り組んでいます。

暮らしの根っことなる仕事がしたい。

もともと住まいや暮らしに関心があって、大学では建築を学んでいました。そして就職活動の際にも、暮らしの根っことなる住宅関連の仕事をしていきたいと考えて、ハウスメーカーや建材関連を中心に会社を探していました。そんな時に、合同就職説明会でケイミューを知る機会があり、人事の方の「人々の暮らしを自然から守っているのは外装材であり、住宅を美しく魅せているのも外装材である」という説明を聞いて、自分も人々の暮らしを支える仕事がしたいと感じたのが、ケイミューを志望したきっかけですね。現在、わたしが所属する屋根材開発部では、屋根材の性能を高めるための施工方法や周辺部材の開発、屋根の用途を広げるための技術開発に取り組んでおり、新開発したものを商品化するまでを手掛けています。

屋根に付加価値を提供するやりがいと難しさ。

あまり屋根を意識して見ることは少ないと思いますが、屋根は太陽、雨、風といった厳しい自然から、家を守る重要な役割をもっています。屋根材そのものの性能は当然ですが、施工方法や周辺部材の性能の差が、屋根全体の性能に大きく影響してきます。「家」という人生における大きな買い物をするお客様に、安心と満足をしていただくために、屋根に新たな付加価値を提供していけるよう、研究・開発に取り組んでいますし、やりがいを感じていますね。仕事をするうえでは、やりがいだけではなく、難しさもいろいろあります。新商品を開発するにあたっては、Quality(品質)、Cost(費用)、Delivery(納期)の「QCD」のバランスがとても重要になります。住宅市場に受け入れられる品質、価格で商品化するためには、何度も設計や試作、実験を繰り返して、国の基準やケイミュー独自の厳しい基準をクリアしなければなりません。時には、自分のアイデアだけでは解決できない課題もでてきます。そんな時には、迷わず上司や先輩にアドバイスをもらいながら、仕事を進めています。部署や役職、年齢の垣根が少ない社風なので、気軽にいろいろな人に相談できるのがありがたいですね。

大きな自信につながった
「CBウォール工法」。

また年齢に関係なく大きな仕事をまかされるのも、やりがいの一つです。入社2年目に「CBウォール工法」の研究・開発から商品化までをまかされました。ケイミューの屋根材のベストセラー商品である「カラーベスト」を、外壁材として使用する工法です。屋根材を外壁材にと驚かれる方もいるかと思いますが、屋根材と外壁材がシームレスに一体となった外観は、素晴らしいものになる・・・やっと会社に慣れたばかりで不安もありましたが、それ以上にファイトがわきました。2年間かけて設計・施工検証・実験を繰り返して、2013年春に商品化に成功しました。屋根材を外壁材として使用する住宅業界としても馴染みのない工法のため、開発と営業の部署が協力して、展示会での発表や、設計事務所様、工務店様などへのPR活動を積極的に行った結果、CBウォール工法を住宅や施設に採用していただく機会が徐々に増えました。また、一度採用していただいたお客様からリピートのお話があった時は、自分の開発した工法・商品が、お客様に満足していただくことができたと、大きな自信につながりました。

社内で一番の知識を身に着けるために。

就職活動を振り返ると、仕事や会社に希望する条件を書きだしてみて、必須条件と妥協できる条件に明確に分けてみたことが良かったのかなと考えています。自分が望む企業との出会いは、軸となる条件が具体的であればあるほど、よい結果が生まれます。就職はゴールではなくスタートですし、自分が思い描く将来像を実現できるよう有意義な就活になればと思います。わたしもケイミューでスタートを切ったばかりですが、今、研究・開発をしている屋根材の施工技術については、社内で一番の知識を身につけたいと考えています。そして商品開発の知識だけではなく、市場からの問い合わせにも柔軟に対応できるほどの知識を身につけて、社内から頼られる存在になりたい。そのためのステップとして、現在はできる限り現場に足を運び、現物を見て、現状を把握し、研究・開発をはじめとする業務に活かすことを心がけています。

1日のスケジュール

8:30
出社
9:00
朝礼、体操、メールチェック
10:00
実験
12:00
昼食
13:00
実験、報告書の作成
16:00
打合せ
17:00
デスクワーク
18:00
退社