工務店様などへのご提案を通じて
家づくり、街づくりをお手伝い。

近畿営業部 大阪第1営業所

志摩 俊光TOSHIMITU SHIMA

2014年入社
龍谷大学 経営学科卒

工務店様・工事店様・代理店様などへの営業活動を行っています。工務店様に対しては商品の提案活動や勉強会を開いたり、工事店様や代理店様とは信頼関係を構築して、同行営業などを通じて新規顧客の開拓や他社からの切り替えを進めています。

外装材を通じた、家づくり、街づくりができる。

わたしがケイミューをはじめて知ったのは、就職活動中に参加したグループディスカッション形式の合同説明会でした。その際に人事の方から「屋根材、外壁材、雨といの外装材で、住まいの外廻りをトータルで提案できる企業」であること、「新築戸建住宅をはじめ、リフォーム市場、非住宅市場向けの開発・製造・販売活動を展開していて、住まいの外観から街並みまで提案できる企業」であることなど、ケイミューの魅力を熱く説明していただきました。ケイミューの屋根材や外壁材が身近な場所でたくさん使われていることに驚くとともに、わたし自身の手でケイミュー商品の良さをお客様に知っていただき、家づくり、街づくりのお手伝いをしていければと考えるようになり、ケイミューを志望しました。

お客様の立場で考えた提案を心がける。

わたしは現在、営業職として近畿営業部に所属しています。毎日、大阪の工務店様やビルダー様を訪問し、新しい商品や工法の紹介、商品をご採用していただくための提案活動を行っています。ひとりでお客様を訪問しはじめた頃は、しっかり情報を伝えないといけないという意識が強かったせいか、一方的に提案することが多かったように思います。しかし、何度もお客様のもとを訪問するうちに、お客様のお話しに耳をかたむける余裕ができ、「施主に提案する外壁材で困っている」「非住宅の外装材の工期を短縮したい」など、お客様のご要望や課題を理解したうえで、提案をできるようになりました。そうした提案を続けていくことで、これまでケイミュー商品を使ったことがないお客様に初めて採用していただいたり、「ありがとう、助かったよ」のお言葉をいただいたりして、お客様の立場で考えた提案が大切であることを実感しました。

お客様の信頼・信用を得るために努力。

営業職の楽しみのひとつに、いろいろなお客様にお会いできることがあります。お客様のなかには、住宅・建築業界に長く携われている方が数多くいらっしゃって、業界のことや外装材のこと、そしてケイミューのことなどを、わたしのほうが教わることがよくあります。そんな業界の先輩方に「志摩は信頼できる」と思っていただくためには、これまで以上に外装材や業界についての知識を吸収するとともに、お客様以上にお客様のことを理解するよう励んでいます。また将来的には、大阪以外のエリアの営業活動にも目を向け、エリアやお客様によって変化する様々な課題にチャレンジしていきたいですね

営業職も、就職活動も楽しむのが一番。

いま就職活動を振りかえると、最初からは業界を絞らずに、メーカーの営業という大枠のなかで企業研究を進めたことが、良かったと思います。たくさんの企業説明会や選考に参加するなかで、建材業界、そしてケイミューに出会うことができました。最初から業界を絞っていたら、出会うことがなかったと思います。営業職にも通じるポイントですが、たくさんの企業を見て・調べて・話して、その企業を理解するとともに、企業に自分を知ってもらうことが大切だと考えます。その結果として、自分が一番行きたいと思える企業に出会えるのではないでしょうか。大変なこともあると思いますが、それすらも成長の糧として楽しんで、活動していただければと思います。

1日のスケジュール

8:00
出社、メールチェック、営業の準備
10:00
施工店様・工務店様・ビルダー様訪問
17:00
帰社、メールチェック、事務作業
18:00
退社