お客様との会話の中から
課題解決の糸口を見つけ出す。

特需営業部 近畿特需営業所

米澤 彩花AYAKA YONEZAWA

2012年入社
佐賀大学 都市工学科卒

大手ハウスメーカー様担当の営業です。ケイミュー商品を採用していただくため、商品や施工などの社内部門と連携し、採用に向けた課題解決を進めています。

就職活動ではじめて知ったケイミュー。

大学2回生の秋に、理系の学生を対象にした合同就職説明会があり、そこではじめてケイミューを知りました。もともと住宅や都市に関心があって、大学で都市工学を学んでいましたので、仕事でも家づくりや暮らしに密接したものに携わっていきたいと考えていました。特にケイミューは、日本で初めてとなる光触媒を利用した外壁材を開発したり、地震に強い軽い屋根材を製品化するなど、オリジナリティあふれる商品力が強みだと感じて、興味をもちました。就職活動を通じてケイミューをさらに知るにつれて、ケイミューとお客様との橋渡し役になって、よりよい家づくりに関わる仕事をしたいと思いが強くなり、ケイミューの営業職を志望しました。

施工マニュアルが教科書、先輩・上司が先生。

わたしが所属する特需営業部は、ハウスメーカー様にケイミューの商品をご採用していただくための提案活動や課題解決を仕事としています。配属された当初は、ハウスメーカー様からご要望をいただいた際に、技術的な質問や専門用語が理解できずに、上司の横で手帳にメモするだけで手いっぱいでした。会社にもどってから、施工マニュアルを教科書にメモしたことを調べたり、先輩や上司に教えてもらったりして、理解につとめました。そのかいあって、今では専門的な知識も身についてきて、ハウスメーカー様や社内の技術部門とスムースに話せるようになりました。

お客様にとっては、
わたしがケイミューの顔。

住宅業界のリーティングカンパニーであるハウスメーカー様のご要望に応えていくのは簡単ではありませんが、社内の技術部門と協力し、また新しい技術開発に携わる上司・先輩方からアドバイスをもらいながら、仕事を進めています。ハウスメーカー様からのご要望をそのまま社内に伝えるのではなく、自分が感じたことやアイデアを加えたうえで、分かりやすく伝えることを心がけています。お客様にとっては、わたしがケイミューの顔。ひとつひとつの案件に、ケイミューの看板を背負っている自覚を持ち、仕事をしています。

「ありがとう」のひと言がうれしい。

ハウスメーカー様の担当をしていると、社内の方から新しい商品や工法についての質問を受けることが結構あります。質問を受けて、よどみなく回答できたときに、自分自身の成長を感じますし、質問者からの「ありがとう」のひと言がはげみになりますね。また、営業の仕事は、社内外を問わず目上の方と話す機会が多くて、入社当初は遠慮して自分の考えを伝えることができなかったりしました。ところが今では、関西のはっきりしたもの言いに染まってしまったのか、物怖じせずに自分の考えを話すことができるようになってきました。これからも、日々進化するケイミューの商品・技術の知識を習得し、ハウスメーカー様の課題解決をサポートできる人材として成長していきたいと考えています。

1日のスケジュール

8:30
出社、朝礼、体操
9:00
メールチェック、問い合わせへの対応
11:00
上司への進捗報告・相談
14:00
お客様訪問(営業活動)
16:00
事務処理、資料作成
18:30
退社