すぐにメインコンテンツを読む

屋根材基本性能防水

屋根材 基本性能

優れた防水設計で、大雨の際も漏水を抑えます。

カラーベストの場合
◎カラーベスト:屋根材の大きな重なり+下葺材の2重の防水設計を採用。
◎ROOGA:屋根材のジョイント部分と防水堤、新設計の水切り形状。
◎スマートメタル:防水性に配慮した立体曲げ加工の独自形状。

防水試験

カラーベストの場合

カラーベストの場合
水を満たした筒を当てて1週間放置しても、
裏面への透水はありません。

ルーガの場合

網状の樹脂膜が、基材への水の浸入を防ぎます。

●ROOGA(表面)
軽量性を確保するために素材の中に作られた無数の気泡。
この気泡は、網状の樹脂膜によって皮膜され、基材内の微細な空隙間に樹脂膜ができ、基材への水の浸入を防ぎます。