すぐにメインコンテンツを読む

商品一覧外壁材(サイディング)性能寸法安定性

外壁材(サイディング)性能

オートクレーブ養生による優れた寸法安定性。

オートクレーブ養生とは

オートクレーブ養生 写真

外壁材の原板を、高温・高圧(160〜170℃の水蒸気/6〜7気圧)の窯で固めて完全硬化させる製造法です。


オートクレーブ養生の外壁材

結晶体「トバモライト」 拡大写真

結晶体「トバモライト」ができることで、非常に強固な組織構造となり、優れた寸法安定性、耐凍害性を発揮します。



普通なら、セメントが硬化するまでに数年かかるところを…。
    独自の原材料配合と、高温・高圧の窯で一気に固めて高強度化(オートクレーブ養生)。
    だから、寸法安定性に優れています。

ネオロック、セラディールは特殊軽量混和剤を配合することで
耐凍害性にくわえ、優れた寸法安定性も同時に達成しています。

耐凍害性の詳細
屋外曝露による寸法変化測定

他社16mmサイディングの長さ変化

●試験体長さ:2,730mm
●施工時含水率:8.0%
●最大伸縮量(変化量) :1.5mm※当社試験値です。

セラディールの長さ変化

●試験体長さ:2,730mm
●施工時含水率:13.7%
●最大伸縮量(変化量) :0.8mm※当社試験値です。

ネオロックの長さ変化

●試験体長さ:2,730mm
●施工時含水率:6.8%
●最大伸縮量(変化量) :1.1mm※当社試験値です。

ページの先頭へ