すぐにメインコンテンツを読む

商品一覧外壁材(サイディング)性能耐凍害性

外壁材(サイディング)性能

耐凍害性に優れた、「ネオロック」「セラディール」。寒冷地・積雪地での使用に最適です。

凍害とは…

壁面にある目に見えないくらい小さな空隙 ここに雨や結露で水分がたまると… 結露による体積膨張で、クラックや基材破損の原因になります。

ケイミューの外壁材は空隙を減らす
オートクレーブ養生を施しています。


湿然自然養生の外壁材

湿然自然養生の外壁材 拡大写真

水気を含んだ
不安定なゲル状です。


オートクレーブ養生の外壁材

結晶体「トバモライト」 拡大写真

結晶体「トバモライト」ができることで、基材内部の空隙が結氷しにくい位微細化(半径280A以下)し、凍結時の体積膨張を緩和します。



基材の中の空隙が、「優れた耐凍害性」を発揮。

外壁材の基材内部に含まれた水分が凍結すると膨張し凍害が発生します。ケイミュー外壁材「ネオロックシリーズ」と「セラディールシリーズ」は、押し出し製法を採用することにより、基材内部に大小多数の微細な独立空隙を形成しています。これが、水分凍結時の体積膨張による圧力を吸収緩和してくれます。

セラディール/ネオロック シリーズ構造図

フタの無いガラス容器の場合

ガラス容器 解説イラスト

凍結時、水は氷になって膨張し、上へ盛りあがります。


フタをしめたガラス容器の場合

ガラス容器 解説イラスト

氷になって体積膨張した水は逃げ場がなく、その圧力により、容器が破損してしまいます。
割れる


だから、特殊軽量飽和材で水分の体積膨張を飽和!


KMEW(ケイミュー)外壁材(サイディング)耐凍害性実験

外壁材耐凍害性実験 写真1

深い雪に埋もれた実験小屋(北海道)

外壁材耐凍害性実験 写真2

高温多湿に保たれる室内

実験方法

[昼間]
加湿器により室内を高温多湿に保ち人工的に結露させ、サイディング裏面から十分に水分を吸収させます。

[夜間]
外気温が-10〜-20℃まで下がるので、水分が凍結します。

冬の間、120〜130回繰り返すことにより耐凍害性を評価。


一般地域での使用に最適なベーシックタイプ

寒冷地・積雪地以外での一般地向けに開発された外壁材。優れた強度を持ちながら、重さがモルタルの1/2以下なので、建物にかかる負荷が小さく、耐震性に優れています。

ページの先頭へ