すぐにメインコンテンツを読む

商品一覧外壁材(サイディング)性能通気

外壁材(サイディング)性能

「通気構法」で、住まいの耐久性が向上します。

住宅の高気密化・高断熱化にともない、いままで以上に通気性の重要性は高まっています。
「通気構法」は、躯体内に空気の通り道をつくり、湿気を放出して住宅の耐久性と快適性を向上させます。

通気構法の必要性

壁体内の結露を防止

ウォーターガードを使用し、標準施工に準じた「通気構法」とすることにより、すみやかに湿気を外部に放出させ、内部結露を抑制することができます。

※防湿シートは、住宅金融支援機構融資住宅「木造住宅工事共通仕様書」内の断熱工事にⅠ、Ⅱ地域においては設定することが記載されています。

水蒸気を含んだ空気が屋外へでるとき、防水シートで結露を抑制、通気層から素早く排出。



室内側の雨水の浸入を抑制

「通気構法」では暴風雨時には部材の接合部などから浸入した雨水をすみやかに排出することができます。また、ウォーターガードにより屋内への雨水の浸入を防ぐことができます。

雨水の侵入を防止。侵入した場合も通気層からすみやかに排出!



遮熱効果を発揮

直射日光が当たると、外壁はかなりの熱を受けます。「通気構法」とした場合、通気層の通風によって遮熱効果が得られます。

外壁が直射日光でかなりの熱を受けても、通気層の通風で熱がこもらない!



構造別通気構法


ページの先頭へ