すぐにメインコンテンツを読む

TOP金属サイディング はる・一番鋭く・深い造形

はる・一番 特長(遮熱性フッ素焼付塗装)

金属ならではの、鋭い表情。複数の角度の組み合わせや鋭いエッジなどで、金属素材の持つシャープでメリハリのある表情が、洗練された造形を創出します。

金属でありながら、深い造形。意匠の基本となる柄深さは最大3.5mm。金属ながら独自の多段成型技術で深い造形を可能にし、陰影豊かな外観を実現します。